ブログ

基礎立ち上がりの配筋作業~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, 工事レポート

昨日、基礎底面のコンクリートの打設を行ったU様邸。日が変わり、早速立ち上がり部分の配筋作業と型枠の設置が進んでいます。

下の写真を見てください。基礎の中に丸い支柱が8つ並んでいます。一般的な住宅の基礎は迷路のような形状ですが、ECOホームの基礎はこのように円柱がたくさん並ぶのが特徴です。

 

円柱タイプを採用している理由ですが、1つは通常の迷路型の立ち上がりより強度が高いこと。2つ目は、床下エアコンで家を暖める時、円柱形の方が家全体を効率的に暖められるからです。

世界最古の木造建築である法隆寺の五重塔の心柱も、紀元前438年にできあがったギリシアのパルテノン神殿を支える柱も、ともに円柱です。円柱は頑丈なんです。

おまけ↓(パルテノン神殿)

 

続く。