055-1325-279

ECO HOME

EVENT & BLOG
イベント & ブログ

6/10(土)~ソーラーサーキットの家構造見学会開催@小淵沢

2017年05月31日 19:02   Category : 見学会情報

あと、10日もすると梅雨がやってきます。

平年の梅雨入りは6/8とのこと。

『大変だ!梅雨入りまで週末あと一回しかない!』

そうなんです、平年通りに梅雨入りすると、今週末が最後の週末になります。

まだの方は、梅雨支度をお急ぎください。

といっても、いつも清潔をキープしている方は恐れることはありません。

押し入れや下駄箱、カビダニが発生しやすいところを念入りに掃除して、
衣替えがまだの方は、大洗濯大会もお忘れなく。

 

さて、平年通り梅雨入りしたとすると、最初の週末になる6/10から、
小渕沢の現場で、構造見学会を行います、予約制で。

ご覧になりたい方は、0551-32-5279(8~17時、水曜定休)までお電話ください。

時間を調整させていただいた後、案内図をお送りいたします。

ソーラーサーキット工法の構造、仕組みをばっちり見れるので、
興味のある方には良い機会です。

完成してしまうと、見ることができませんので。

その構造見学会が行われる、

『床下エアコンと自然素材で建てるソーラーサーキットの家@小淵沢』。

工事が進んでおります。

 

前回はどこまでご紹介したかというと、

基礎配筋

基礎配筋

 

基礎の配筋までご紹介しておりました。

あれから1か月。

現場では上棟まで進んでおりますが、今回は基礎断熱の対シロアリ対策工事を
ご紹介しておきましょう。

基礎コンクリート打設後

基礎コンクリート打設後

ひとつ前の写真の状態から、基礎コンクリートを打設し、型枠を外したところです。

基礎内部の円柱形の立ち上がりが『ポスト』です。

風の流れを遮らない形状ですね。

そのポストは円柱形の筒=型枠に覆われている状態です。

これを外すとこのようになります。

SCポスト

SCポスト

普通の基礎の立ち上がりは、迷路のような壁になっていて、風通しが悪いのです。

ソーラーサーキットは床下に風を通すので、滞留することなく循環する基礎が望ましい。

よってこのような形状の基礎の立ち上がりになりました。

 

駐車場

駐車場

右に見えるのは駐車場の基礎です。

布基礎と呼ばれる、基礎の立ち上がりだけで支える基礎です。

ずいぶん簡単に見えますね、家と比べると。当たり前ですが。

駐車場には断熱材を施工しません。

よって、ここが断熱ライン(断熱するしないの分かれ目、境界)となります。

この境界があいまいだと、熱が移動します。高いところから低いところへ。

夏暑く冬寒い家というのは、結局こういうことで、断熱ラインがあいまいだから、
熱が高いところから低いところへ移動してしまうということなんですね。

 

シロアリ対策

シロアリ対策

 

さて本題に戻りましょう。

この写真は断熱材が基礎を覆っているのがよくわかります。

ミント風の色で基礎を覆っているのがみえますでしょ?これが基礎の外断熱材です。

断熱材は比較的柔らかい発泡素材ですので、
シロアリが入り込むと潜られてしまいます。

そうならないように、ステンレスのメッシュ(要は細かいあみ)
で基礎を覆って、シロアリが入り込まないように施工します。

この写真は、すでにメッシュが巻かれていて、それを接着剤で基礎に
密着させているところです。

基礎の周りが掘られているのは、断熱材を地面の下にまで施工し、
外気温による影響を極力抑えるためです。

一方で、そのようにすると地中からシロアリに狙われるので、
このメッシュが有効なんですね。

施工完了

施工完了

ステンレスメッシュと、基礎断熱の密着工事が完了しました。

同じグレー系ではありますが、何かが塗られ色が変わっているのがわかると思います。

 

実際の現場では、上棟(屋根が載りました)まで進み、構造見学会の準備が着々と進んでおります。

 

さて、次の新しいプロジェクト動き出しました。

東京の設計事務所と共同で、当社の地元で外断熱の家の建築がはじまります。

かなり大きい建物になりそうで、忙しく準備を進めております。

 

動きがありましたら、この場でご紹介をさせていただきます。