ブログ

いい家とは「病気にならない家」/冬の発見×体感フェア開催中!

・見学会情報

 

冬。

廊下、トイレ、洗面所、浴室は寒くありませんか?

暖房している部屋としていない部屋の温度、違いませんか?

窓ガラスは結露でビショビショだったりしませんか?

 

こんな生活をしていては、病気にならない訳ありません。

 

そこで、そういった悩みを解決する

当社が建てた『床下暖房機1台家全体がポカポカに暖まる家』

を体感していただこうと思い、冬の発見x体感フェアを開催しています。

 

健康的な生活、安心できる子育てをしたいと思っているお母さまは一度体感してください。

家づくりの新しい発見があります。

 

体感期間は、1月11日から2月24日まで。

寒い季節だからこその体感会です。

予約制ですので、ご希望の方はお電話ください。

TEL:0551-32-5279

 

ソーラーサーキットの家 ECOホーム

 

 

胴縁の施工が終わりました~延床13坪のミニマムハウス@北杜市

・工事レポート, ・平屋ミニマムハウス/北杜市S様邸

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

建築中のS様邸では写真の通り、胴縁の施工が完了しています。晴れ渡った建築日和です。

 

澄み渡った青空がきれいですね。

 

外壁用の断熱材のすき間は気密テープでしっかり塞いでいます。この気密テープですが、伸縮性があって、少々ひっぱってもずらしてもきちんと元通りになります。

 

(続く)

 

 

外壁の断熱施工2~延床13坪のミニマムハウス@北杜市

・工事レポート, ・平屋ミニマムハウス/北杜市S様邸

年末ギリギリになりましたが、S様邸の外壁の断熱材の施工が完了しました。

灰色の断熱材で包み込まれたS様邸。

 

近くから撮影。

 

遠くから撮影。

 

S様邸の家づくりは2020年に続きます。

皆さま、良いお年をお迎えください。

 

(続く)

 

 

外壁の断熱施工1~延床13坪のミニマムハウス@北杜市

・工事レポート, ・平屋ミニマムハウス/北杜市S様邸

上棟から1週間後のS様邸。外壁の断熱工事が着々と進んでいます。

ノボパンという耐力ボードの上から、下から順に断熱材を貼り付けていきます。白枠の窓はエクセルシャノン社のオール樹脂窓です。(ECOホームの標準仕様です)

 

近付いて撮影しました。50ミリ厚のカネライトフォームを採用しています。

 

S様邸の外観の全体像です。

 

(続く)

 

 

棟上げの翌々日~延床13坪のミニマムハウス@北杜市

Uncategorized

一昨日棟上げしたS様邸の本日の様子です。青空の下のS様邸。いつも思うのですが、上棟した家は青空が映えますね。

 

屋根の上の二重の断熱材を横から撮影しました。雪に負けない暖かさを実現してくれます。

 

もう少し遠目から撮影した屋根構造です。

 

家の中から天井を見上げています。杉板が美しいですね

 

もう一枚。無垢材で立ち上げる日本の住宅は美しいと思います。

 

(続く)

 

 

棟上げ~延床13坪のミニマムハウス@北杜市

・工事レポート, ・平屋ミニマムハウス/北杜市S様邸

2019年12月19日、S様邸の棟上げ(上棟)を行いました。小さな家で、しかも平屋なので、あっという間の棟上げでした。

早々に棟上げが完了したので、そのままの勢いで屋根の断熱工事に取り掛かりました。下の写真は屋根の断熱工事を進める職人さんたちです。

 

別の角度から撮影した上棟完了後のS様邸です。曇り空の寒い一日です。

 

野地板(屋根の下地材)には杉板を使っています。野地板には合板を使うケースが一般的ですが、S様邸はこの野地板がそのまま天井材になるので、杉板を採用しています。

 

下から見上げるとこんな感じです。杉板の美しい天井です。

 

杉板の上から厚さ50ミリの断熱材を敷き詰めていきます。

 

カネライトフォームスーパーEXという高性能な断熱材です。

 

カネライトフォームスーパーEXのすき間を気密テープでしっかり止めた上から、2段目の垂木を施工していきます。2段目の垂木というのも変な表現ですが、屋根の断熱層を2重にするため、屋根構造も2段重ねになるイメージです。

 

2段目の垂木の間に厚さ40ミリの断熱材を敷き詰めていきます。40ミリプラス50ミリの合計90ミリの断熱材のおかげで、例え屋根の上に雪が降り積もっても、屋内はまったく影響の受けない暖かい家ができあがります。

 

(続く)

 

 

基礎完成!~延床13坪のミニマムハウス@北杜市

・工事レポート, ・平屋ミニマムハウス/北杜市S様邸

2日前に立ち上がり部分のコンクリート打設を行ったS様邸。2日間の養生期間を経て、本日型枠の撤去作業を行いました。

まずは外周部分の型枠を撤去したS様邸の基礎の写真。基礎の外側に断熱材が施工されているのがお分かりいただけると思います。

 

基礎の断熱材の上から保護材を塗りました。写真にはないですが、保護材と一緒にターミメッシュというシロアリを物理的に排除するステンレス製の細かな網を施工しています。

この後もう一度保護材を塗り重ね、さらにその上からモルタルを塗って基礎の塗装を仕上げていきます。

 

別角度からの一枚。円柱部分の型枠が撤去されました。基礎の外周部に3カ所の長方形の切り欠きがありますが、これはソーラーサーキット用の開閉ダンパーを付けるための開口部です。

 

(続く)

 

 

基礎立ち上がり用の型枠の設置~延床13坪のミニマムハウス@北杜市

・工事レポート, ・平屋ミニマムハウス/北杜市S様邸

基礎の立ち上がり部分にコンクリートを流し込むための型枠の設営が本日終わりました。工事は順調に進んでいます。

明日、打設を行います。

 

(続く)

 

 

底面のコンクリートの打設が終わりました~延床13坪のミニマムハウス@北杜市

・工事レポート, ・平屋ミニマムハウス/北杜市S様邸

本日、S様邸のコンクリートの打設を行いました。下の写真を見てください。底面にきれいにコンクリートが流し込まれています。

周囲に見えるグレーのボードは基礎用の断熱材です。ECOホームでは、基礎断熱を採用しています。基礎断熱は基礎全体を断熱材ですっぽり包むので、一般的な床下断熱より、高断熱の暖かい家ができあがります。

 

もう一枚、写真を載せておきます。別の角度から撮影した写真です。円柱の形に鉄筋が立ち上がっているのがわかると思います。

基礎を円柱形にすることで、床下エアコンの風が家全体にスムーズに回ります。

 

(続く)

 

 

基礎の配筋工事が終わりました~延床13坪のミニマムハウス@北杜市

・工事レポート, ・平屋ミニマムハウス/北杜市S様邸

S様邸の基礎配筋が本日終わりました。

下の写真は基礎配筋が出来上がって、周囲の型枠と基礎用の断熱材を設置しているところです。明日から、コンクリートの打設が始まります。

 

(続く)