ブログ

新しい家づくりが始まりました!~延床13坪のミニマムハウス@北杜市

・工事レポート, ・平屋ミニマムハウス/北杜市S様邸

北杜市で新しい家づくりが始まりましたので、早速レポートしていきたいと思います。

今回建てるS様邸ですが、延床13坪の平屋のミニマムハウスです。面白いというと語弊がありますが、秘密基地の延長線上にあるような遊び心あふれる住宅です。小さいだけではなくて、太陽光発電パネルと蓄電池を備えた自然災害に強い家でもあります。どんな家ができあがるか、とてもワクワクしています。

では早速、工事レポートをはじめますー。

 

下の写真は、S様邸の敷地の測量を行う弊社代表の藤原です。道路面と敷地の高低差を「オートレベル」という測量用の機器で測っています。

 

これが「オートレベル」です。

 

別の角度から撮影したS様邸の敷地です。見晴らしの良い家になると思います。

 

工事レポートと言いつつ、今回はここまでです。全然工事してなくて申し訳ありません!次回以降のレポートをお楽しみに!

 

 

(続く)

 

完成見学会へのご来場ありがとうございます!~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

昨日(9月29日)、一昨日(9月30日)の両日、完成したU様邸にて完成見学会を実施いたしました。2日間合計で15組の方にご来場いただきました。

見学会にご協力いただいたU様、そしてご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

というわけで、恒例(?)の完成見学会レポートをお送りします!まずは見学会当日のU様邸の外観写真です。片流れのシンプルな屋根とグレーの左官壁と白い枠のサッシが特徴のU様邸です。

 

反対側の南面はこんな感じです。南側の凹んだ部分だけ白い壁になっています。

 

家の中の様子です。ECOホームの完成見学会名物の見どころを手書きした段ボールが所狭しと並んでいます。真ん中にドーンとひのきの大黒柱が立っています。

 

今回の完成見学会も盛況でした!ありがとうございました!

 

(続く)

 

外壁工事が終わり、足場が外れました~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

9月17日、U様邸の外壁工事が終わり、足場が外れたので、その状態の外観写真を載せておきます。

 

2階ベランダのフェンスに使用しているのはエスティックウッドという木材です。エスティックウッドは、天然の杉板を巨大な窯で燻製して作る高耐久木材です。燻製の過程で腐朽菌を完全に殺してしまうので、かなり長持ちします。

 

続いて、北側の写真も載せておきます。グレーの外壁に少し色ムラがありますが、これは外壁の塗料が乾きつつある途中だからで、完全に乾くと色ムラはなくなります。先日のブログで解説したガス給湯器を入れるボイラー室の扉が開いています。給湯器はまだ設置されていません。

 

9月20日。1階のウッドデッキも完成しました。完成まであとほんの少しです。

 

(続く)

 

櫛引仕上げを進める左官職人さんたち~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

二世帯住宅のU様邸では外壁の仕上げの作業が始まりました。

まずはU様邸の全景から。左官の職人さん3名で外壁の仕上げを進めているところです。U様邸の外壁ですが、全体はグレーで、南面の少し凹んだところが真っ白というツートーンカラーを採用しています。

 

足場を上って、もう少し近付いてみました。刷毛(ハケ)を使って、丁寧に櫛引の文様を入れているところです。

 

手元をアップで撮りました。壁の模様が見えるでしょうか?

 

足場を降りて、玄関のあるU様邸の東面です。こちらは濃いグレーに塗装しています。白い玄関ドアが2つ並んでいます。完全分離型の二世帯住宅なので、玄関ドアも2つあるのです。

 

(続く)

 

 

完成見学会、たくさんのご来場ありがとうございました!~吹き抜けのある平屋建て@北杜市

・吹き抜けのある平屋建て/北杜市M様邸, ・工事レポート

昨日(9月7日)と本日(9月8日)、北杜市のM様邸にて、完成見学会を開催いたしました。

ご協力いただいたM様、ありがとうございました!ご来場いただいた皆様(なんと25組のご来場がありました)、ありがとうございました。

というわけで、今回のブログでは、残念ながらお忙しくてご来場できなかった方のために、見学会の様子をレポートしてみたいと思います。

 

まずは本日早朝のM様邸の外観写真です。ベージュの外壁はベルアートという材料を使用した左官仕上げです。現場見学会ののぼりがたなびいています。

 

正面から撮影したM様邸です。コンパクトな平屋に見えますが、中はけっこう広いです。白いサッシはエクセルシャノン社の樹脂サッシで、アルミ樹脂サッシより断熱性能が高いのでおすすめです。

 

玄関を開けると右側が主寝室、左側がLDK、スケルトン階段の奥に浴室やトイレが設置されています。階段を上がると大きなロフトがあります。

 

段ボールに書いてあるのは、M様邸の見どころです。来場者おひとりおひとりに丁寧にご案内できればいいのですが、一時にたくさんの来場があるとそうもいきません(なにせひとりなので)。ですので、話をする時間が取れなくても、ECOホームの家づくりをわかっていただけるように、たくさんのポイントを掲示するようにしています。

 

階段を上がって、ロフトスペースです。ロフトと言っても高さがあるので、普通に子供部屋や書斎としてご使用できます。

 

ロフトの写真をもう一枚。屋根は下地材がむき出しですが、下地材の外側に断熱材を二重に施工しているので、断熱性能の心配はいりません(外断熱です)。

 

家全体が大きな一つの空間になっているので、冷房や暖房効率について心配される方も多いのですが、家全体を基礎も含めてすっぽりと断熱材で包み込む外断熱を採用しているので、寒さ暑さの心配は不要です。冬は床下に設置したエアコン1台で家中が暖かいです。

 

(続く)

 

ガス給湯器用のボイラー室で冬の電気代を節約!~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

下の写真は現在建築中のU様邸の外観です。2回目のモルタル塗装が完了し、この後仕上げの塗装をするために乾燥させている状態です。

赤丸で囲った部分は、ガス給湯器を収納するボイラー室兼物置用の扉です。

 

ガス給湯器の設置場所は屋外というのが一般的なのですが、ECOホームでは、床下にボイラー室を作って、その中にガス給湯器を入れるようにしています。もちろん排気用のダクトはちゃんと通しています。

屋外にガス給湯器を置いた場合、凍結防止のために、冬の間はずーっと、ガス給湯器の配水管を電気のヒーター線で温める必要があります。そうしないとガス給湯器が壊れるからです。

このヒーター線がなかなかの金食い虫で、冬の間、毎月1万円ほどの電気代がかかります。床下に給湯器を設置するとヒーター線で温める必要がなくなるので、それで、ECOホームでは床下に設置するようにしているのです。

ではなぜ他の工務店さんやハウスメーカーさんはガス給湯器を屋外に設置するのでしょうか?実は家全体の断熱方法が違うので、床下に入れてもヒーター線が必要だから、わざわざ床下に入れたりしないのです。

ECOホームの断熱方法は、基礎も含めて家全体をすっぽり覆う基礎断熱を採用しています。基礎断熱の場合、床下の空間も断熱されるので、真冬でも床下の気温は15℃前後です。

一方多くの工務店さんやハウスメーカーさんが採用する1階の床のすぐ下に断熱材を入れる床断熱の場合、床下空間は家の外と同じ環境になるので、真冬は氷点下まで下がります。ですので、床下に給湯器をわざわざ入れる意味がないのです。

基礎断熱には他にも様々なメリットがあるのですが、長くなるので後日順に説明していこうと思います。

 

(続く)

 

 

コンセントの位置を高くするアイデア~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

下の写真は、二世帯住宅のU様邸の1階、親世帯のリビングの写真です。(工事中です)

壁の下地に長方形の穴が5つ開いていますが、これは後々コンセントとスイッチを設置するための穴です。

 

少し違和感を感じませんか?

そうです、コンセントの位置がずいぶん高いのです。

 

これはU様のご両親からのご要望で、低い位置のコンセントは、腰に負担がかかって大変だから、というのがその理由です。

 

工事中の写真だと穴がぽっかり空いているので目立ちますが、家ができあがった時には、壁もコンセントも白いので、言われないと気が付かないくらいに目立たなくなります。

 

一般的にコンセントの位置は、床から20センチぐらいの場所に設置することが多いですが、掃除のときに使うコンセントなど、頻繁に抜いたり差したりするコンセントは、高くするのもアリだと思います。

 

人生100年時代、家づくりの常識もすこしづつ変化している気がします。

 

(続く)

 

外壁の櫛引き仕上げ~吹き抜けのある平屋建て@北杜市

・吹き抜けのある平屋建て/北杜市M様邸, ・工事レポート

M様邸では、外壁の仕上げの塗装作業が始まっています。

下の写真はM様邸の玄関部分の外壁です。

エスケー化研のベルアートという塗料を櫛引き仕上げにしています。

ニョキッと突き出ているのは、インターホン用の電線です。

 

完成まであと少しです。

 

 

クロス工事進行中!~吹き抜けのある平屋建て@北杜市

・吹き抜けのある平屋建て/北杜市M様邸, ・工事レポート

M様邸のクロス工事の中間報告です。

まずはパテ処理完了の写真です。パテ処理とは、クロスの表面がデコボコにならないように下地の凹凸をパテを使って平らにしていく作業です。

 

パテ処理が終わったので、クロスを順に貼っていきます。M様邸の完成まであと少しです。

 

続く。

 

外壁の左官作業が始まりました~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

U様邸の外壁のモルタル塗りが始まりました。二人がかりで上から順に塗っていきます。

 

モルタルは二度塗りを行います。下の写真に白い網のようなものが見えますが、これはファイバーネットという左官材です。外壁のクラック(ひび割れ)を防ぐために二度塗りの際に、モルタルと一緒に塗り込んでいきます。

 

続く。

 

お盆休み明けのU様邸の様子~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

お盆明けのU様邸の様子です。

外壁ですが、下の2枚の写真ではわからないと思うのですが、防水シートの上からラス網という金属製の網を家全体に施工しています。ラス網はこの後塗るモルタルの剥落を防ぐためのものです。まもなく外壁の左官作業が始まります。

 

室内の様子です。真ん中にある太い柱は21センチ角のひのきの大黒柱です。壁紙の下地の施工も終わり、クロス工事の職人さん待ちという状態です。

 

続く。

 

壁紙クロス工事が始まりました!~吹き抜けのある平屋建て@北杜市

・吹き抜けのある平屋建て/北杜市M様邸, ・工事レポート

M様邸のクロス工事が始まりました。

下の写真はクロスを貼る前に下地材のパテ処理を行っているところです。下地と下地のつなぎ目と釘の頭をパテで埋めていきます。

 

リビングの吹き抜けもこの通り。天井や梁はこのまま構造材を「あらわし」にするので、パテ処理などは行いません。(断熱材は屋根の上なので、この状態でも冬暖かく夏涼しい家になります)

 

上の写真の下を撮りました。キッチンが入るスペースです。パテ処理中の室内は、少しおとぎ話の世界みたいな雰囲気だったりします。

 

続く。

 

外壁の防水シートとクロス工事の様子~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

約1か月ぶりのU様邸の工事レポートです。工事が滞っていたのではありません。ブログを書く作業が滞っていたのです(反省)

1か月前、ラス板剥き出しの状態だったU様邸ですが、下の写真のように防水シートの施工が完了しました。

 

別角度から撮影したU様邸です。きれいに防水シートが施工されています。

 

家の中は、大工工事がまもなく完了です。壁紙の下地材の施工もほぼ終わっています。四角い窓はエクセルシャノン製です。

 

エクセルシャノンは樹脂サッシの専業メーカーです。住宅用の窓サッシには、オール樹脂サッシ、室内側が樹脂で室外がアルミのアルミ樹脂サッシ、室内も室外もアルミのアルミサッシの3種類があります。

断熱性能はオール樹脂サッシ>アルミ樹脂サッシ>アルミサッシの順で、樹脂サッシがもっとも優秀です。アルミサッシは結露の問題も大きいので、当社は使いませんし、アルミ樹脂サッシも断熱性能が樹脂サッシより低いので、当社では使っていません。

エクセルシャノンは知名度はリクシルやYKKAPと比べると劣りますが、品質は極めて優秀なおすすめメーカーです。

 

続く。

 

 

モルタルが塗り終わりました!~吹き抜けのある平屋建て@北杜市

・吹き抜けのある平屋建て/北杜市M様邸, ・工事レポート

M様邸の外壁工事ですが、モルタルの施工が完了しました!

塗ったばかりのモルタルは濃い灰色ですが、乾くと白っぽい色に変わります。モルタルは2回塗り重ねるのですが、下の写真は2回目の塗りも完了しています。

 

外壁はこれで終わりではなく、モルタルの上から仕上げの塗料を塗っていきます。

 

少し遠めから見たM様邸。完成までもう少しです。

 

続く。

 

外壁のモルタル塗りが始まりました~吹き抜けのある平屋建て@北杜市

・吹き抜けのある平屋建て/北杜市M様邸, ・工事レポート

M様邸の外壁工事。いよいよモルタル塗りが始まりました。

家の正面から左官職人二人がかりで塗っていきます。なじみの腕のいい職人さんなので、安心して任せています。

 

建物の東側から撮影した写真です。東側はまだモルタルは塗られていません。野生化したゴーヤが、夏の日差しをうけて猛烈に生長しています。

 

続く。

 

ラス網を外壁に施工しました~吹き抜けのある平屋建て@北杜市

・吹き抜けのある平屋建て/北杜市M様邸, ・工事レポート

M様邸の外壁工事がもう一段階進みました。

防水シートのアスファルトフェルトの上からラス網という金属製の網を施工しました。このラス網の上からモルタルを塗っていきます。デコボコしたラス網の形状がモルタルの剥落(はくらく)を防いでくれます。

 

続く。

 

外壁の下地処理の様子です~吹き抜けのある平屋建て@北杜市

・吹き抜けのある平屋建て/北杜市M様邸, ・工事レポート

M様邸の家づくりは順調に進んでいます。

下の写真は家の中の様子です。玄関を入って真正面にスケルトンタイプの階段があり、階段を上がるとロフトスペースです。ロフトといっても高さが2メートルあるので、居室として十分使うことができます。

 

続いて外観写真です。夏らしい青空の下、外壁工事が進んでいます。

外壁はアスファルトフェルトを貼った状態です。アスファルトフェルトというのは、防水・防湿の機能を持つ下地シートです。この後、この上から塗り壁を仕上げていくことになります。

 

電気や電話線の配管は、アスファルトフェルトを突き抜けて外に出してやる必要があります。配管周りから水分が侵入しないように、丁寧にコーキング材で保護しておきます。

 

続く。

 

防震吊木について~吹き抜けのある平屋建て@北杜市

・吹き抜けのある平屋建て/北杜市M様邸, ・工事レポート

M様邸では大工工事が順調に進んでいます。

下の写真は玄関ホールからロフト方向を撮影しています。真ん中にすっぽり階段の入るスペースが空いています。階段の造作はまだ先です。

 

1階の洋室の天井を撮影しました。天井に黒い金具のようなものが見えますが、これは金属ではなくFRP製の防震吊木(ぼうしんつりぎ)です。吊木というのは、天井を吊り支えるための細長い木材のことですが、ECOホームでは木材ではなくFRP製の吊木を使用しています。

 

ECOホームはきわめて高いレベルの高気密・高断熱の住まいを建てています。高気密・高断熱の住宅は、エアコン1台で家中が暖まったり、冷暖房にかかる光熱費が安かったり、良いところがたくさんあるのですが、1つ弱点を上げるとすると、家の中の音や振動がよく響くという点です。

そこで、数年前から採用し始めたのが、この防震吊木です。2階床から1階天井に伝わる振動を大幅にカットしてくれるので、高気密住宅ならではの音の問題もかなり軽減できたと思います。

 

続く。

 

外壁工事進めています2~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

前回のブログに引き続き、U様邸の外壁工事の様子。

コツコツ丁寧にラス板を貼っていっています。ちなみにラス板を貼るのは左官屋さんのお仕事です。

 

 

家の中では大工工事が進行中です。

 

続く。

 

外壁工事進めています。~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

U様邸では、外壁工事が進んでいます。

下の写真は、グレーの断熱材の上から縦胴縁(たてどうぶち)を施工した段階のU様邸です。胴縁と胴縁の間の隙間が通気層になります。

 

胴縁の上からラス板張りが始まりました。ラス板はモルタル塗り壁の下地材になります。

 

続く。

 

テラスも完成しました!~大黒柱のある注文住宅@甲斐市

・工事レポート, ・平屋建ての注文住宅/甲斐市I様邸

テラス工事を残すだけだった、I様邸。昨日、テラスも完成しました!

7月6日、7日に完成見学会を行うので、ぜひ見に来てくださいー!!

 

 

続く。

 

工事は順調に進んでいます!~吹き抜けのある平屋建て@北杜市

・吹き抜けのある平屋建て/北杜市M様邸, ・工事レポート

6月13日の上棟から9日。M様邸の家づくりは順調に進んでいます。

 

まずは1枚目の写真。耐力壁の施工が完了しています。耐力壁のおかげで、地震の横揺れや強風など、水平方向の揺れにも強い建物ができあがります。

 

2枚目の写真は、屋根の防水シートの写真。M様邸は屋根勾配がゆるやかなので、高性能な防水シートを使って、万全の雨漏り対策を施しています。

 

最後の写真は、家の中の様子。玄関からロフトと吹き抜けを見たところです。素敵な家ができあがる予感がします。

 

続く。

 

ほぼ完成しました!~大黒柱のある注文住宅@甲斐市

・工事レポート, ・平屋建ての注文住宅/甲斐市I様邸

2月に工事の始まったI様邸、ほぼ完成しました!パチパチパチ!「ほぼ」というのは、テラスがまだ完成していないからです。

下の写真はほぼ完成したI様邸。南側の2つの窓の下に円柱が8本あるのがわかりますでしょうか?この上にウッドデッキを作ると、100%の完成となります。あと少し、最後まで気を抜かずに工事を完了させたいと思います。

 

続く。

 

断熱工事進行中~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

昨日に引き続き、U様邸の工事の進捗レポートです。

下の写真を見てください。カネライトフォームスーパーEXという断熱材を、建物全体を覆うように貼っています。ECOホームでは外断熱工法を採用しているので、このように建物の外側全体をぐるっと断熱材で覆うことになります。

 

続く。

 

耐力壁、完成しています。~完全分離型の二世帯住宅@北杜市

・完全分離型の二世帯住宅/北杜市U様邸, ・工事レポート

写真をうっかり撮り忘れて、2週間ぶりの報告となったU様邸です。工事は順調に進み、下の写真のように耐力壁の施工も完了しています。

 

柱と梁で組み上げた軸組み工法の建物全体を、ノボパンという耐力壁で取り囲むことで、地震に強い頑丈な家が出来上がります。

 

 

 

続く。