外断熱+床下エアコンで、一年中快適!

  • ホーム
  • 外断熱+床下エアコンで、一年中快適!

山梨の寒い冬も、快適で過ごしやすい!
耐震性や断熱性能など、住宅性能は譲れません。

内装がムキダシなのが特徴のワンダースケルトンハウス。「デザインは気に入ったけど、住み心地が気になる」という方も多いかもしれません。
ECOホームは、家づくりにおいて耐震性と断熱性能など、住宅性能には並々ならぬこだわりをもっています。

断熱材で家全体をすっぽり覆う
外断熱工法(ソーラーサーキット工法)

ワンダースケルトンハウスには、寒さが厳しい山梨の冬を快適に過ごすためにたくさんの工夫が盛り込まれています。

そのひとつが外断熱工法(ソーラーサーキット工法)。
「外断熱」とは、屋根・壁・基礎の建物全体を、板状の断熱材ですっぽりと覆う断熱工法で、柱などの構造材の間に断熱材を入れる一般的な「内断熱」に比べ、構造材によって断熱材に切れ目が入らない分、外気の影響を受けにくくなります。

外断熱の家は、気密性が高く、家全体があたためられるので、小屋裏や床下など、家の隅々まで快適に有効利用できるのもメリット。また、室内や壁内の温度差が少ないため結露が発生しにくく、建物が長持ちしやすくなるのもポイントなのです。

寒冷地でも快適に過ごせる、
基礎断熱+床下エアコン。

外断熱工法(ソーラーサーキット工法)で建てるワンダースケルトンハウスでは、基礎の外周部を断熱材で覆う、基礎断熱を採用しています。この基礎断熱工法は、寒冷地での暮らしを住みよくするための技術です。
冬の冷気が窓や壁からはもちろん、基礎からも建物内部に入らないので、室内の暖かさを安定して保てるのがポイントです。

また、床下エアコンを併用できるのも基礎断熱工法で建てた家ならでは。床下にエアコンを設置すると、家全体をあたためることができ、さらに快適です。

住む人の安全を考え、
自然素材を使っています。

ワンダースケルトンハウスでは、ナラ、スギ、ヒノキなど県産や国産の無垢材を家づくりに使います。
自然素材は、飽きのこない手触りや質感が魅力。また時間が経つことで色合いがゆっくり変化していくのも魅力です。

近年は化学物質を用いた新建材によるシックハウスやアレルギーが問題になっています。ワンダースケルトンハウスに限らずECOホームでは、できるだけ安全な材料を使用して家づくりを行っています。

次は「安さにはヒミツがあります」です