施工事例

  • ホーム
  • 施工事例
  • 内装を省いたワンダースケルトンハウスで、自由に作り込める家

内装を省いたワンダースケルトンハウスで、
自由に作り込める家

ダイニングキッチン&リビング。30ミリの厚さのスギの無垢材を使ったフローリング。冬でも素足がじんわり暖かいのはスギならでは。部屋の中心はヒノキ5寸の柱を使っています。キッチンには深みのある赤を使用しています。

2F。今はひとつの寝室兼遊び場として使い、子どもが大きくなったらこども部屋と主寝室に区切る予定です。ワンダースケルトンハウスのムキダシの内装がワイルドでログハウス感があります。

24時間換気のダクトが見えます。天井部分が斜めになっている勾配天井で、開放感があります。将来的にはこの部分をロフトにする予定。住む人が自分たちで作り上げていくのがワンダースケルトンハウスの醍醐味です。

ワンダースケルトンハウスで採用しているソーラーサーキット工法は、外壁を断熱材で覆う外断熱の工法のため、構造用合板が露出している状態でも断熱性は一切損なわれません。クロスを貼っていないので、壁内のスペースを収納として使うこともできます。

2Fの床の一部は、取り外し可能。1Fから2Fへボルダリングで登れるようになっています。こうした遊び心もワンダースケルトンハウスならでは。

階段スペースの内装も省いているので、本棚にしたり、観葉植物を飾ったり、自身で好きなようにアレンジできます。

シンプルでゆったりとした浴室にも、赤のアクセントがきいています。バスルームやトイレは最新の住宅設備を採用しているので、日々の暮らしに不便はありません

可愛らしい雰囲気のあるY様邸の外観。赤い玄関扉と郵便ポストが建物全体のアクセントとなっています。

実例データ

・敷地面積:162.29㎡(49.09坪)
・延床面積:72.86㎡(22.04坪)
・竣工年月:2014年8月
Y様邸は、内装のコストダウンと自由度の高さにこだわったワンダースケルトンハウスです。外断熱で、断熱材が壁の外側から覆われているため、構造材がムキダシの状態でも、夏涼しく冬暖かい生活ができるのがワンダースケルトンハウスの魅力。建築費をできるだけ下げたい、内装は自分たちでゆっくり仕上げていきたいというY様にとって、ぴったりの住まいになりました。

ECO HOMEの施工事例