山梨県北杜市の注文住宅専門の工務店 ECOホーム

高性能オール樹脂サッシ家づくりの特徴

Low-Eガラス+アルゴンガス+オール樹脂サッシで
高い断熱性能を実現

住宅の断熱性能を左右する大きなポイントに、窓の断熱性能があります。建物の躯体の断熱性能をどれだけ高めても、窓の断熱が低いままではまったく意味がありません。窓の断熱性能を高めることは家全体の断熱性能を考える上で、非常に大切なことなのです。

ECOホームが採用する窓サッシは、高性能なオール樹脂サッシ。ハウスメーカーの家などでよく使われる一般的なアルミ樹脂サッシ(家の外側はアルミニウム、内側が樹脂サッシ)に比べて、高い断熱性能を発揮します。樹脂はアルミに比べて熱伝導率が大幅に低いため、結露がないのも大きな長所です。

また、ガラス部分には複層ガラス構造を採用しており、2枚のLow-Eガラスの間には12mmの空気層を設けているため、断熱性はもちろん、防音性・防露性にも優れています。ガラス空気層には、空気と比べて熱伝導率が約30%も低いアルゴンガスを封入し、断熱効果をより一層高めています。

次は「気密性能と全棟気密検査」