施工事例

  • ホーム
  • 施工事例
  • 開放感いっぱい!吹き抜けダイニングが自慢のワンダースケルトンハウス

開放感いっぱい!
吹き抜けダイニングが自慢の
ワンダースケルトンハウス

自慢の吹き抜けリビングダイニング。階段途中にいるのが愛猫の小夏。安心感のあるどっしりした、一尺三寸五分の梁が目を惹きます。梁の上は小夏の散歩ルートです。この部屋の石油ストーブ1台で家中が暖かく、真冬も快適です。

別角度からみたLDK。ダイニングテーブルの上にはダウンライトが設置されています。ムキダシがコンセプトのワンダースケルトンハウスですが、配線が目立たないように工夫しました。壁はムキダシではなく、クロス仕上げになっています。

2階のベッドルーム兼趣味のスペースです。右奥が寝室スペースとなっており、左奥はご主人のアウトドア用品を置いておくスペース。山岳リゾートを思わせるワンダースケルトンハウスと、アウトドアグッズがよく似合います。

2階の別角度からの写真です。2階の床は県産のスギの無垢材を使用しており、日々の暮らしによって木に味が出て、いい色に変わってきているのがわかります。

2階の天井を撮った写真です。24時間換気のダクトがそのまま見えるところに、ワンダースケルトンハウスのワイルドさを感じます。屋根材の上全体に断熱材が施工されているので、一見寒そうな見た目とは裏腹に、家全体の断熱性能が高く暖かいのが特色です。

ワンダースケルトンハウスは洋風の住宅のイメージがありますが、和室もちゃんと作れます。「和室が落ち着く」「和の情緒を大切にしたい」という方にもおすすめです。

大きめの清潔感あるトイレスペースです。サイドに設けられた大きめの収納で、整理整頓できてスッキリ。

1階の床材には、構造用の合板を採用しました。そのままだと手ざわりがザラザラしているので、表面をつるつるに加工しています。

外観です。シンプルな片流れ屋根がかえって個性を際立たせてくれています。外壁は、オレンジ色のジョリパット仕上げ。南向きで陽当たりがよく、明るい日差しがたっぷりはいってきます。

断熱性能の高い樹脂サッシの向こうは、猫の小夏のお気に入りのスペースです。

2階にて。笑顔のK様と、ちょっぴり照れ笑いの社長の藤原。K様はワンダースケルトンハウスの住心地にとても満足しているそうです。

実例データ

・敷地面積:322㎡(97.41坪)
・延床面積:109.29㎡(33.06坪)
・竣工年月:2014年12月
当社の事務所の近くにある賃貸物件に住んでいて、飛び込みで相談に見えられたK様は、アパレル関係のお仕事をされているご夫婦です。
家づくりのご要望は、まず第一に「できるだけ安く」ということ。そこでワンダースケルトンハウスをご紹介したところ、ご主人の趣味が山登りで道具類が多く、自分たちで自在にアレンジするのが楽しそうなこと、2匹の猫(小夏とチビ)がいるのできれいな家もいずれ傷だらけになること、などの理由から、ワンダースケルトンハウスを建てることになりました。
実際に住んでみた感想は「真冬にマイナス7℃になった時も石油ストーブ1台で家中が暖かくて、びっくりした」とのこと。ワンダースケルトンハウスで快適かつ自由自在の暮らしを楽しんでいただいています。

ECO HOMEの施工事例