055-1325-279

ECO HOME

EVENT & BLOG
イベント & ブログ

ソーラーサーキットの家 梅雨時の過ごし方@山梨

2018年05月30日 12:32   Category : 未分類

明後日から、6月。

梅雨入りが近づいております。

 

嫌ですね、その響きだけでジメジメした気分になります。

この季節、洗濯物を干そうとも、室内干しが続き、気づけば
お気に入りのタオルが雑巾のようなにおいになってしまったり、

気温が上がれば、じっとりとした汗をかいて、ベタベタしたまま
変なにおいがしないか、気にしながら1日を過ごさなければならなかったり、

布団を敷きっぱなしにして、久しぶりに上げてみればカビが生えていたり、

夕飯の残り物を1日出しっぱなしにしておいたら、翌朝腐っていたりと、
憂鬱な事件ばかり起こる季節です。

 

「何とかならんものか?」

エアコンのドライをかけてみたものの、しばらくすると寒さを感じ、
オフにすれば、すぐにまたジメジメした空気に襲われてしまいます。

じゃあ、どうすればいいのか?

「湿気を入れなければいい。」

そういうことなんです。

 

ソーラーサーキット工法は、高気密高断熱住宅だから、外気を寄せ付けません。

窓を開けずに過ごせば、その気密性の高さから、湿気が入ってこないんです。

では、「魔法瓶のように密閉された家の中にずっといるのか?」

というと、そうではありません。

それはそれで、息苦しく感じてしまいますよね。

 

魔法瓶のように密閉された状態で、計画的に換気を行うんです。

計画的にフィルターを通して、換気を行うから、適度な湿度に保たれるのです。

 

簡単に、ソーラーサーキットの家の仕組みをおさらいしておきましょう。

ソーラーサーキットの仕組み

ソーラーサーキットの仕組み

 

まず、家の壁が三重になっています。

室内の壁、断熱材、外壁材の3つ。

それぞれの壁と壁の間には空間があるので、空気の層が2つできます。

ちょうどサンドイッチのように。

パン=壁、空気層=具材、これを縦にした感じです。

室内側の空気層は、室内と通じていて、家の中と同じ環境ですが、
室外側の空気層は、外と同じ環境です。

それぞれ、インナーサーキット、アウターサーキットと呼んでいます。

簡単な図で紹介するとこんな感じ。

SC(ソーラーサーキット断面図)

SC(ソーラーサーキット)断面図

なぜ、通気層が2つあるかというと、それぞれに違う役割があります。

アウターサーキットは、真夏に熱せられた外壁と断熱材の間に空気を通すことで、
家を冷やす効果があります。

また、冬は温度差による結露を防ぐ役目もあります。

そして、インナーサーキットは室内の環境を快適にする役目を担います。

その役目を果たすパートナーがこちら。

ダンパー

ダンパー

基礎の立ち上がり部分と、天井裏に開閉できる窓があるんです。

これを季節によって開閉することで、室内を快適な状態に保ちます。

 

先ほどお話した通り、インナーサーキットは、室内と通じていますので、
寒い冬はこのダンパーを閉じ、外気を寄せ付けないようにします。

すると、魔法瓶のような高気密高断熱の状態となって、最小限の暖房器具で
家中を温めることができるんです!

この時も、必要な換気は計画的に行っています。

夏は、ダンパーを開けて、涼しい風の流れをつくります。

 

では、梅雨はどうするか?

もう、おわかりのことかと思いますが、ダンパーを閉めて湿気を入れないようにします。

山梨の梅雨は、それほど暑すぎることはないので、閉めておいても大丈夫。

冬と同じように、外気をシャットアウトして、湿気を持ち込まず、
計画的に換気してあげることで、サラッとした室内で過ごすことができます。

 

その効果としては、

・外が雨でも、洗濯物が室内干しでカラリと乾く

・汗ばむような作業をしても、すぐサラッとする

・カビ・ダニが発生することもほとんどなくなる

等が挙げられます。

 

頭を悩ます梅雨の心地よさを体感できるのはこの季節しかありません。

お声がけいただければ、その居心地を体感いただけます。

期間:6/16(土)~7/16(月・祝)

場所:長坂体感ハウス

 

あわせて、梅雨を快適に過ごす家づくり勉強会も開催いたします。

日程:6/17 13:00~

場所:同じく長坂体感ハウス

 

お問い合わせは、0551-32-5279か、メール info@e-ecohome.jp

にて、藤原までお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。