山梨県北杜市の注文住宅専門の工務店 ECOホーム

施工事例

薪ストーブと土間、景色と光を採り込む大きな窓。
林の中にある陽だまりのような家

[山梨県北杜市 I様邸]

南側外観。焼杉の外壁が落ち着いた佇まいを見せているコンパクトな平屋建て。片流れ屋根の右側についている黒い筒は、薪ストーブの煙突です

角度を変えた南側外観。玄関ドア(YKKAPのヴェナート)の色に合わせて、テラスの支柱を塗装しています。お庭部分は、I様ご夫婦がこれからゆっくりと楽しみながらつくっていくそうです

東側から撮影した内観。床は30ミリ厚の無垢の杉板、梁には地元山梨県産の杉を使っています。今はまだ木肌が若く白いのですが、すぐに飴色に変わって落ち着いた印象に変化していきます

東側にはサイズ1700×1700のFIX窓(ピクチャーウィンドウ)と土間、薪ストーブを配置。上部はロフトになっています

清潔感のある真っ白なキッチンはハウステック社製。キッチンに立っていても美しい風景が望めます

景色を切り取ったかのような大きなFIX窓と明るい土間スペース、「kintoku直火工房」さん製造の国産薪ストーブ。この薪ストーブは、上の段がオーブンになっていて、ピザ窯にもなる優れものです

キッチンの裏側はロフトへと上がる階段

一台で家中が暖まる床下エアコン

ハウステック社のユニットバス

手前から、家事室→トイレ→洗面室→ユニットバスまでひとつながりのバリアフリー。トイレの両側は引き戸になっています

洗面室側からの写真。無骨な雰囲気が魅力のワンダースケルトンハウスですが、浴室やトイレなど各設備は高性能なものを採用しています

トイレは小さな空間ですが、小窓を配置して圧迫感を感じさせないよう工夫しています

ロフトには、奥様のアイデアで可動式の収納棚を2セット造作。それを利用して空間を3つに仕切り、ご夫婦とたまに遊びに来るお子さん用のベッドスペースとして活用します

ロフトの収納棚を隅に移動すると大きなスペースが出現します

ロフトは片流れの屋根の勾配を利用しているので一番高いところは210センチもあり、普通に立つことができます

ロフトから1階のリビングを見下ろした写真

I様ご夫婦からリクエストのあった、レトロな雰囲気のトグルスイッチ

ウッディーな雰囲気に合う、アンティーク風デザインの照明です

柵で囲ったワンちゃん用の幅広テラス。素材にも配慮し、薬剤を一切使わずメンテナンスも楽な熱処理木材のエスティックウッドを採用しています。また、奥行き広めのテラスに合わせて軒を通常より長くしました

自然素材できた家は、周囲の豊かな自然に溶け込みます

実例データ

名古屋市在住のI様ご夫婦が、セカンドハウスとして建築した平屋建てのワンダースケルトンハウス。将来的に移住希望とのことで、土地探しからお手伝いさせていただきました。敷地の東側に広がる雑木林の風景をとても気に入られていたので、その位置に170cm四方の大きなFIX窓を設置して、季節の移ろいを部屋の中からも楽しめるようにしています。窓側の床面は広い土間スペースとし、そこに長野県の「kintoku直火工房」さん製造の国産薪ストーブを置きました。ウッドデッキではワンちゃんも一緒に遊べるように安全素材のエスティックウッドを使い、柵も設置。広いロフトスペースには可動棚を造作し、必要なときに仕切りとして使えば2部屋、3部屋に区切ることが可能です。日々の暮らしそのものがワクワクする、そんな家が完成しました。

ECOホームの施工事例

東京で暮らすご夫婦が、北杜の美しい景色に一目惚れして建てた夢のセカンドハウス詳しくはこちら
薪ストーブと土間、景色と光を採り込む大きな窓。林の中にある陽だまりのような家詳しくはこちら
八ヶ岳を眺めながら暮らす!東京在住のご夫婦が建てた、大空間ロフトの小さな平屋詳しくはこちら
セカンドハウスをワンダースケルトンハウスにしたら、暮らしが何倍も楽しい!詳しくはこちら
小さくても機能的!夫婦ふたりのための、森の中のコンパクトハウス詳しくはこちら
13坪に夢と希望をつめこんだ、自給自足可能な最強ミニマムハウス詳しくはこちら
レトロな和モダン&かわいいヨーロピアン!2つのテイストを楽しめるおしゃれな家詳しくはこちら
開放感いっぱい!吹き抜けダイニングが自慢のワンダースケルトンハウス詳しくはこちら
内装を省いたワンダースケルトンハウスで、自由に作り込める家詳しくはこちら
大きな吹き抜けのあるナチュラルフレンチのガレージハウス詳しくはこちら
夏涼しく冬あたたかい、富士山と八ヶ岳が見える家詳しくはこちら
八ヶ岳のふもと、標高1000mでもあたたかな家詳しくはこちら