山梨県北杜市の注文住宅専門の工務店 ECOホーム

施工事例

東京で暮らすご夫婦が、北杜の美しい景色に一目惚れして建てた
夢のセカンドハウス

[北杜市 O様邸]

南側から見たO様邸。味わい深い焼杉を外壁材に使った、片流れ屋根のコンパクトな平屋建てです。太陽光発電パネルを載せているので光熱費もコンパクト

東側のウッドデッキ。大きな窓を開けるとリビングへとフラットにつながります

玄関を上がってすぐのドアは、左はトイレ、右は洗面室。壁材はワイルドで個性的なデザインのOSB合板、扉はスッキリとした木目のシナ合板を使って造作しています

玄関ホールからキッチンの横を通りリビングへ抜けます

ハウステック社のミニキッチン。必要最低限の暮らしを楽しむにはちょうどいいサイズです

キッチンから見たリビング。東側の窓から茅ヶ岳が見えます

コンパクトなのに開放感たっぷりのリビングは、内装を省いたワンダースケルトンハウスならではの魅力。上階にはロフトスペースもあり、二人分の居住スペースはしっかり確保しています

窓側からみたリビングとキッチン。無垢杉は日に焼けて飴色に変わっていき、いずれ落ち着いた雰囲気になっていきます

東側と南側の2方向の窓から陽射しがたっぷりと入る、日当たり抜群のリビング。床材は30ミリ厚の無垢の杉板を使っています

リビングからロフトに上がるスケルトン階段

ロフトスペースは、主寝室と書斎として利用。天井の一番高い部分は2m以上あるので、ラクに立てます

ロフトスペースの別角度。東西北の窓からは片流れ屋根を落ち着いた陽射しが入ってきます。床材は1階と同じく30ミリの杉の無垢材です

勝手口から出入りできる洗面室。手前の扉は大容量の収納棚になっています

勝手口側から見た洗面室。右はバスルームのドアです

バスルーム。お風呂は最新のユニットバスを採用しているので、快適に使えます

トイレ空間も明るく快適。ブルーのペーパーホルダーとタオルハンガーがおしゃれです

床下エアコン。基礎の円柱形にすることで、床下エアコンからの暖気が家全体に行きわたる仕掛けになっています

リビング東側の掃き出し窓を開け放つとウッドデッキとフラットにつながるので、アウトドアリビングとしても使えます。庭の植栽はO様ご夫妻がゆっくり楽しみながら手掛けるそう

リビングの窓から正面に見える山は茅ヶ岳。北杜らしい美しい風景です

実例データ

こちらは、東京在住のO様ご夫婦が、セカンドハウスとして建築した平屋建てのワンダースケルトンハウスです。たまたま今回の建築地の近くにO様のお兄様がお住まいになっていて、東京から遊びに来ていたO様ご夫婦が犬の散歩中にこの土地を見つけて一目惚れ、先に土地を決められてからのご依頼でした。東側には茅ヶ岳(かやがたけ)、西側には南アルプスの山脈が見える素晴らしいロケーションですので、訪れるたびにこの景色を楽しんでいただけるよう、東側に大きく窓を取り、立っても寝転がっても山々が望める位置にリビングを配置しました。見学会で気に入っていただいた焼杉の漆黒の外壁も、青空と山々の緑に映えて絵になります。高性能な外断熱で冬でもとても暖かいので、1年を通してこの地を満喫していただけるとうれしいです。

ECOホームの施工事例

東京で暮らすご夫婦が、北杜の美しい景色に一目惚れして建てた夢のセカンドハウス詳しくはこちら
薪ストーブと土間、景色と光を採り込む大きな窓。林の中にある陽だまりのような家詳しくはこちら
八ヶ岳を眺めながら暮らす!東京在住のご夫婦が建てた、大空間ロフトの小さな平屋詳しくはこちら
セカンドハウスをワンダースケルトンハウスにしたら、暮らしが何倍も楽しい!詳しくはこちら
小さくても機能的!夫婦ふたりのための、森の中のコンパクトハウス詳しくはこちら
13坪に夢と希望をつめこんだ、自給自足可能な最強ミニマムハウス詳しくはこちら
レトロな和モダン&かわいいヨーロピアン!2つのテイストを楽しめるおしゃれな家詳しくはこちら
開放感いっぱい!吹き抜けダイニングが自慢のワンダースケルトンハウス詳しくはこちら
内装を省いたワンダースケルトンハウスで、自由に作り込める家詳しくはこちら
大きな吹き抜けのあるナチュラルフレンチのガレージハウス詳しくはこちら
夏涼しく冬あたたかい、富士山と八ヶ岳が見える家詳しくはこちら
八ヶ岳のふもと、標高1000mでもあたたかな家詳しくはこちら